当院の思い

何をやっても、どこに行ってもよくならないなんて悩んで困ってませんか?

治療院、病院に行って「歳だから、体質だから」仕方ないと言われた

事ありませんか?

・マッサージや電気をかけてもよくならない

痛みがある部分だけ施術をしてもその場は痛みは軽減しますがまた数日経

つと元の痛みに戻るそんな経験ありませんか?

・病院に行ったけど湿布と痛み止めの薬だけしかもらえない

湿布や痛み止めの薬はその場しのぎの治療であり根本的に治すもではあり

ません。

特に大きな病院や大学病院などは手術するかしないですむか判別するこ

とが主となります。

検査をして長くまって診察は5分で終わりとこれは日本の医療機関の制度

で仕方ないのです。

どこへ行っても良くならない

患者様から「どこへ行っても、なにをやっても良くならない」よく

聞く言葉です。

当院では痛みの部分だけを観て施術すうるのではなく、全身を観て治療を行い原因を探ります。

よく身体を観るときに「森をみて木をみぬ 木をみて森をみぬ」という言葉をつかいますが痛みがある部分(木をみて森をみぬ)を観るのも大切ですが、全身を観察(森をみて木をみぬ)して筋肉または筋膜・自律神経・骨格にアプローチして気持ちいいことを味わう治療をモットーに施術しています。

骨格矯正に対してはバキバキ鳴らさない安全でソフトな施術を行っております。そしてまた大事なのは患者様と話し合い説明をしっかりして患者様が納得した施術を行う、言わば患者さま自身が主体的な患者様に合ったオーダーメイトの治療をしていきます。

患者様を治療し治すそれも大事でしょうしかし当院の考えは痛みをなくし旅行、お孫さんと遊ぶ、趣味を楽しむ、スポーツを楽しむ、子供の育児を楽にする等、患者様の生活の質を向上し健康で幸せになってもらうこと根底に置き治療を行っております。

 


根本的な治療をして健康で笑顔で幸せな生活を送る


患者様、主体、主人公の施術を行う


患者様に寄り添い信頼関係をもち安心してもらう


 

を当院では大切にしております。